「戦国武将に学ぶシリーズ!」~思考と創造力を身に付ける~

なぜ歴史を学ぶのか?

現在の日本がどの様に出来上がっていったのか?

当たり前ですが、歴史というものは全て繋がっています。
したがって、歴史を紐解いていけば
「なぜ、その時それが起きたのか?」「どうしてそうなったのか?」
という要因が見えてきます。

その逆に、現在から未来において過去と似た状況が起きた時、
その歴史からの学びが活かせるとも言えます。

例えば、近年の日韓問題などもその歴史を紐解けば、
見えなかった背景が見えてきます。
時代や場所が違っても、その人の経験をも未来に活かせる・・・・
それが動物と人間の違いとも言えるのです。

カリキュラム:例1


「戦国武将(リーダー)達の決断!もしもあの時!」
 ~戦国時代を駆け抜けたリーダーに学ぶ~

戦国時代を生きた武将達は、独自の視点や思考を駆使し、
合戦や領国経営を行ってきました。
その視点や思考からは我々も多くの学びが得られます。
経営戦略の専門家の視点と最新の研究諸説を交え楽しく学んで頂きます。
リーダーや組織のトップに求められる最も重要な役割の1つが、
重大局面における“意思決定”です。
その判断によって、組織の明暗が大きく分かれてしまうことは言うまでも有りませんが、こと戦国時代においては、その意思決定1つで、お家もしくは領国そのものの存亡が決まってしまうと言っても過言では有りません。

そうした局面におけるリーダーたちの判断から学ぶべきことは、
現代を生きる我々にとっても少なくありません。
否、むしろ大いに参考になることばかりでしょう。

群雄割拠の戦国時代において、戦国武将のリーダーたちが、
あの時・あの局面でなぜその決断を下したのか?
また、もしあの時、別の決断を下していたらどうなっていたのか?
そんな歴史のロマンに迫っていきます。

<世紀の決断!①>

 明智光秀の「本能寺の変」における意思決定!
 ・決断を下したポイントは何だったのか?
 ・なぜ、光秀は信長を討ったのか?

<世紀の決断!②>

 豊臣秀吉の「中国大返し」における意思決定!
 ・決断を下したポイントは何だったのか?
 ・なぜ、秀吉は天下人になれたのか?

カリキュラム:例2

~もっと知りたい!戦国時代~
『戦国武将に学ぶ!思考と合戦・領国経営術!』

1.真田家に見る!小が大に勝つ原則とは?!

真田の戦は、常に敵よりも少ない兵で敵軍を打ち破って来た。
まさに小が大に勝つ!
しかし、なぜ真田は、わずかな兵で大軍を打ち負かすことが出来たのか?

2.武田・上杉に見る!経営手腕とその思想?!

武田信玄が喉から手が出るほど欲していたものとは?
戦国最強の武田騎馬隊と風林火山・・・信玄の思想とは?
軍神:上杉謙信が戦国の世に求めていたものとは?
・・・天地人に込められたその思想とは?
なぜ両雄は天下を取れなかったのか?

3.織田信長に見る!天下布武・合戦の視点と政治経済政策

革命児:織田信長に見る、合戦の視点、政治の視点、経済の視点とは?
・・・天下布武に込められた思いとは?

4.豊臣秀吉に見る!発想力と処世術

人たらし:豊臣秀吉の判断力と機動力・・・・
天下人:秀吉のビフォー(天下人前)&アフター(天下人後)

5.徳川家康に見る!幕藩体制と東海道の真の目的

戦国を終わらせ、250年余り続く太平の世を築いた徳川家康。
幼少期の体験~信玄・信長・秀吉から学んだ政治体制とその思想とは?

カリキュラム:例3


~もっと知りたい!幕末・明治維新~
『再考!明治維新とは何だったのか?!』

昨今、明治維新に関しては新たな史実が次々と浮き彫りとなっています。
そんな幕末・明治維新にスポットを当て、当時の状況や背景・志士たちの思想、
新たな史実などについて皆さんと考察していきます。
マーケティング・経営戦略の専門家である講師の独自の視点と
最新の研究諸説などを交え楽しく学んで頂きます。

1.幕末の始まり ~列強と黒船~
2.薩摩藩と長州藩 ~雄藩編~
3.近藤勇と土方歳三 ~新選組編~
4.坂本龍馬と薩長同盟 ~大政奉還編~
5.徳川慶喜と鳥羽伏見の戦い ~戊辰戦争編~
6.松平容保と会津藩 ~会津戦争編~
7.西郷隆盛と大久保利通 ~西南戦争編~

 
 


contact-or500

PAGETOP
Copyright © リレーションステージ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.